お問い合わせ

これまでのM&Aニュース(2018年06月)

2018年6月5日

シャープ〈6753〉、東芝のPC事業・東芝クライアントソリューションを子会社化

シャープ株式会社は、株式会社東芝の100%子会社であり、東芝グループにおいてパソコン事業などを展開している東芝クライアントソリューション株式会社の株式を80.1%取得し、子会社化することについて決議した。
同社は、2018年3月期連結業績において、2008年3月期連結決算以来、全四半期で純利益の黒字化を達成し、不足する人材、技術などの経営資源を有する企業との協業も視野に入れた取り組みを進めている。
これにより、同社は、東芝グループのパソコン事業、モバイルエッジコンピューティング事業、ドライブレコーダー事業について、商品、ブランド、人材、技術、販売チャネル等を承継することで、対象会社の商品・サービスに既存の先端技術・デバイスを融合するとともに、AIoTプラットフォームと連携して当該商品・サービスの付加価値を高め、グローバル市場で競争力のある提案力を強化していく、としている。

譲渡対価:4,005百万円
譲渡後の所有株式数:3,524,400株(所有割合:80.1%)
株式取得実行日:2018年10月1日(予定)

〈対象会社の概要〉
会社名:東芝クライアントソリューション株式会社
所在地:東京都江東区豊洲
事業内容:国内、海外におえるパソコンおよびシステムソリューション商品の開発、製造、販売、サポート・サービス
資本金:2,200百万円
(2018年3月)
純資産:▲6,329百万円
売上高:146,481百万円

〈当該会社の概要〉
会社名:シャープ株式会社
所在地:大阪府堺市堺区
事業内容:電気通信機器・電気機器及び電子応用機器全般並びに電子部品の製造・販売等
資本金:50億円(2018年3月31日現在)
連結売上高:2兆4,272億7,100万円(2018年3月期)


 

事業承継・M&Aセミナー2018年7月・8月

 
⇒M&Aとは?企業買収の方法と必須となる基礎知識
 
⇒会社の買収とは | 企業買収の意味と仕組み
 
⇒【2018年7月・8月セミナー】平成30年度税制改正完全対応!最新の事業承継の選択肢