これまでのM&Aニュース(2018年06月)

2018年6月26日

東海カーボン〈5301〉、米国のカーボンブラックメーカーSid Richardson Carbon, Ltd.等を子会社化

M&A等に向け約500億円の戦略投資枠を設定している東海カーボン株式会社は、米国のカーボンブラックメーカーであるSid Richardson Carbon, Ltd.及びそのグループ会社の全持分を取得し子会社とすることを決議した。
同社の主要事業の一つであるカーボンブラック事業における、石油、石炭系原料油等で製造するファーネスブラックの分野では、日本、タイ、中国に生産拠点を展開しているが、今後の拡大には北米市場におけるプレゼンスの向上が課題だった。
対象会社は、米国における生産能力第1位のファーネスブラックの製造・販売会社であり、米国内に3工場を有し、タイヤメーカーを中心に、欧米、日系ユーザー向けに顧客基盤を築いている。
本件により、北米市場の取り込み、生産拠点確保、グローバル供給体制整備、取引拡大などが可能になるものとしている。

取得価額:341億円(概算)
株式取得完了日:2018年9月上旬(予定)

〈対象会社の概要〉
会社名:Sid Richardson Carbon, Ltd.
所在地:TX, USA
事業内容:ファーネスブラックの製造・販売・研究開発
出資金:128.3百万USドル
(2017年12月期)
純資産:114.8百万USドル
売上高:311.9百万USドル

〈当該会社の概要〉
会社名:東海カーボン株式会社
所在地:東京都港区北青山
事業内容:黒鉛電極・カーボンブラック・ファインカーボン・工業炉および関連製品・摩擦材・負極材の製造、販売
資本金:20,436百万円(2017年12月現在)

 

事業承継・M&Aセミナー2018年7月・8月

 
⇒M&Aとは?企業買収の方法と必須となる基礎知識
 
⇒会社の買収とは | 企業買収の意味と仕組み
 
⇒【2018年7月・8月セミナー】平成30年度税制改正完全対応!最新の事業承継の選択肢