これまでのM&Aニュース(2018年07月)

2018年7月10日

あいホールディングス〈3076〉、スカラより電子瞳孔計(メンタルスコープ)事業などを譲受

あいホールディングス株式会社は、子会社である株式会社アレスシステムを通じて、スカラ株式会社よりメンタルスコープ事業、サクションスコープ事業、ビデオトランスミッタ事業を譲受した。
同社グループは、防犯カメラ・レコーダー等のセキュリティ機器や、センサー・データロガー・カッティングプロッタ等の販売を主業としており、グループ全体の事業におけるAI化・IoT化の推進を加速している。
スカラは、運転者の睡眠不足という定量的な把握が困難な分野において、電子瞳孔計を用いることで解析、判定する手法を確立しており、旅客流通業者の事故防止や、一般企業のストレスチェックに客観的な指針を提供することが可能になる。
本件により、事業のクラウド化、AI化も見据え、開発、拡販を進めていく、としている。

事業譲受日:2018年7月10日

〈事業譲渡会社の概要〉
会社名:スカラ株式会社
所在地:東京都新宿区西新宿
事業内容:光学・電子機器の開発、製造、販売
資本金:1億円

〈事業譲受会社の概要〉
会社名:株式会社アレスシステム
所在地:東京都千代田区鍛冶町
事業内容:総合医療情報システムの開発・販売、医療機関ITコンサルティング
資本金:2,837万円5千円

〈当該会社の概要〉
会社名:あい ホールディングス株式会社
所在地:東京都中央区日本橋
事業内容:傘下子会社及びグループの経営管理ならびにそれに付帯する業務の遂行
資本金:50億円

 

事業承継・M&Aセミナー2018年7月・8月

 
⇒M&Aの基礎知識 | 事業承継を成功に導く方法とは
 
⇒会社の買収とは | 企業買収の意味と仕組み
 
⇒【2018年7月・8月セミナー】平成30年度税制改正完全対応!最新の事業承継の選択肢