これまでのM&Aニュース(2018年07月)

2018年7月19日

ビックカメラ〈3048〉、家電配送のエスケーサービスを子会社化

株式会社ビックカメラは、首都圏で一般貨物運送業を営む株式会社エスケーサービスを簡易株式交換により完全子会社化することを決議した。
同社グループは、デジタル家電や白物家電などの電化製品を中心とする商品を、大都市の駅前や都市近郊のロードサイドに展開する店舗で販売するほか、インターネット通販での販売も推進している。
対象会社は大型家電の配送設置に強みを有しており、同社グループはこれにより、商品の配送、設置や工事の品質向上を進めることができる、としている。

株式交換実施予定日(効力発生日):2018年8月9日(予定)

〈対象会社の概要〉
会社名:株式会社エスケーサービス
所在地:埼玉県戸田市
事業内容:一般貨物運送業
資本金:40百万円
(2017年6月期)
純資産:214百万円
売上高:2484百万円

〈当該会社の概要〉
会社名:株式会社ビックカメラ
所在地:東京都豊島区高田
事業内容:音響映像商品、家庭電化商品、情報通信機器商品等の販売
資本金:25,558百万円
(2017年8月期)
連結純資産:145,593百万円
連結売上高:790,639百万円

 

事業承継・M&Aセミナー2018年7月・8月

 
⇒M&Aの基礎知識 | 事業承継を成功に導く方法とは
 
⇒会社の買収とは | 企業買収の意味と仕組み
 
⇒【2018年7月・8月セミナー】平成30年度税制改正完全対応!最新の事業承継の選択肢