これまでのM&Aニュース(2018年07月)

2018年7月30日

ぐるなび〈2440〉と楽天〈4755〉が資本業務提携

株式会社ぐるなび楽天株式会社は、資本業務提携に係る契約を締結することを決議した。
ぐるなびは、外食のオフィシャルサイトである「ぐるなび」と、飲食店との絆を構築する「1,000人のサポート体制」という事業基盤を確立し、飲食店への支援領域の拡大、消費者が外食を楽しめる仕組みづくりなど、非日常領域における事業構築に取り組んでいる。
一方、楽天グループは、Eコマースにとどまらず、旅行予約サイト、デジタルコンテンツなどのインターネットサービス、MVNO(格安スマホ)、メッセージングアプリなど、人々のライフシーンを幅広くカバーするサービスを提供している。
本件により、楽天はぐるなび株式の一部(発行済株式の9.60%)を市場外の相対取引により譲り受け、両社の提供しているサービス、ブランド、蓄積するデータを活用し、飲食店の予約サービスにおける提携をより一層強化することで、事業の強化・拡大に繋げていく、としている。

株式譲渡日:2018年8月22日

<当事会社の概要>

会社名:株式会社ぐるなび
所在地:東京都千代田区有楽町
事業内容:パソコン・スマートフォン等による飲食店等の情報提供サービス、飲食店等の経営に関わる各種業務支援サービスの提供その他関連する事業
資本金:2,334百万円
(2018年3月期)
連結純資産:19,186百万円
連結売上高:36,336百万円

会社名:楽天株式会社
所在地:東京都世田谷区玉川
事業内容:インターネットサービス、Fin Tech、その他
資本金:205,924百万円
(2017年12月期)
資本合計:683,408百万円
売上収益:944,474百万円

 

事業承継・M&Aセミナー2018年7月・8月

 
⇒M&Aとは?企業買収の方法と必須となる基礎知識
 
⇒会社の買収とは | 企業買収の意味と仕組み
 
⇒【2018年7月・8月セミナー】平成30年度税制改正完全対応!最新の事業承継の選択肢