これまでのM&Aニュース(2018年07月)

2018年7月30日

夢真ホールディングス〈2362〉、フィリピンの人材派遣会社Centurion Capital Pacific Limitedを買収

株式会社夢真ホールディングスは、フィリピンでITエンジニアの派遣事業を営むCenturion Capital Pacific Limited(事業は完全子会社であるP3OPLE4U, Inc.にて行っている)の株式を取得し、子会社化することを決議した。
同社グループでは、人材不足が深刻である建設、製造およびIT業界向け技術者派遣事業を成長ドライバーとする計画が進行中であり、国内外のIT人材の獲得が大きな成長機会であると認識している。
フィリピンでは、安価な労働力を背景にBPO(Business Process Outsourcing)市場が拡大し続けており、国をあげてITエンジニアの育成に力を入れており、約90名のITエンジニアを抱える対象会社は今後も大きな成長が見込まれる。
本件により、既存の日本語教育ノウハウや日系企業に対する営業力を活用することで、顧客基盤を拡大させていく、としている。

株式譲渡実行日:2018年10月1日(予定)
異動後の所有株式数:30株(議決権所有割合:75%)

〈対象会社の概要〉
会社名:P3OPLE4U, Inc.
所在地:Mkati City, Philippines
事業内容:ITエンジニア派遣事業
資本金:8,689thousand PHP(18,246千円)
(2017年12月期)
売上高:233,375thousand PHP(490,087千円)

〈当該会社の概要〉
会社名:株式会社 夢真ホールディングス
所在地:東京都千代田区丸の内
事業内容:建設技術者派遣事業、エンジニア派遣事業、その他
資本金:8億514万円
上場証券取引所:東京証券取引所JASDAQ市場(証券コード:2362)

 
事業承継・M&Aセミナー2018年7月・8月

 
⇒M&Aとは?企業買収の方法と必須となる基礎知識
 
⇒会社の買収とは | 企業買収の意味と仕組み
 
⇒【2018年7月・8月セミナー】平成30年度税制改正完全対応!最新の事業承継の選択肢