これまでのM&Aニュース(2018年08月)

2018年8月6日

さくらインターネット〈3778〉、ストレージソフトウェア開発会社・IzumoBASEを子会社化

さくらインターネット株式会社は、ストレージソフトウェア開発会社・IzumoBASE株式会社の全株式を取得し、子会社化することについて決議した。
同社は、ITインフラサービスの拡充を進めるデータセンター(ホスティング・ハウジング)事業を展開している。
対象会社は、2012年4月に設立され、従来型ストレージの課題を解決するSoftware-Defined Storage(注)「Izumo FS」の製品開発など、ストレージ技術研究・開発・販売を主体とした事業会社である。
本件により、さくらインターネット株式会社は同社が提供するサービスラインナップにおける最適化されたストレージサービスを共同開発し、顧客満足度の向上と利便性の拡充を図っていく、としてる。

取得価額:非開示
株式譲渡実行日:8月10日(予定)

〈対象会社の概要〉
会社名:IzumoBASE株式会社
所在地:東京都渋谷区松濤2-2-17
事業内容:ストレージ技術研究・開発・販売
資本金:2億1,475万円
(2017年12月期)
純資産:32,000千円
売上高:20,843千円

〈当該会社の概要〉
会社名:さくらインターネット株式会社
所在地:大阪府大阪市北区大深町4-20 グランフロント大阪タワーA 35F
事業内容:
・インターネットへの接続サービスの提供
・インターネットでのサーバの設置およびその管理業務
・インターネットを利用した各種情報提供サービス業務
・電気通信事業法に基づく電気通信事業
・マルチメディアの企画ならびに製作・販売
・インターネットに関するコンサルティング
・コンピュータソフトウェアの企画・開発およびその販売
・コンピュータおよびその周辺機器の製作および販売・保守
・不動産の賃貸および管理
資本金:22億5,692万円

 


事業承継・M&Aセミナー2018年7月・8月
⇒M&Aとは?企業買収の方法と必須となる基礎知識

⇒会社の買収とは | 企業買収の意味と仕組み

⇒【2018年7月・8月セミナー】平成30年度税制改正完全対応!最新の事業承継の選択肢