これまでのM&Aニュース(2018年09月)

2018年9月21日

アイナボホールディングス〈7539〉、大阪のタイル卸売り会社・今村を子会社化

株式会社アイナボホールディングスは、関西を中心にタイル等の卸売りをおこなっている株式会社今村の株式を取得し、完全子会社化することを決議した。
同社グループは、関東及び東海を中心に、タイル等住宅関連商品の販売、内装工事・設備工事などをおこなっている。
対象会社は関西を中心にタイル等の卸売り及びタイル工事、衛生陶器や風呂釜などの住宅設備機器の卸売り、水廻りの専門商社として事業を展開している。なお、7月に今村タイル株式会社は今村住宅機器株式会社と合併し、今村に照合を変更した。
本件により、双方の営業地域が補完関係にあることを活かし、工事力や企画力について情報交換をおこなうとともに、販売チャネルの共有化などによる販売網の拡大に協力するとしている。

取得価額:非開示
株式譲渡実行日:10月1日(予定)

〈対象会社の概要〉
会社名:株式会社今村
所在地:大阪府吹田市寿町
事業内容:
・タイル、石材、衛生陶器、その付属金物の卸、販売
・衛生陶器、空調機器、ボイラー・昇温器、流し台、浴槽、ユニットバス、洗面台の据付、卸、販売
・タイル工事業、石工工事業
資本金:23,750 千円
(合併時の決算数値)
純資産:138,463 千円
売上高:3,135,607 千円

〈当該会社の概要〉
会社名:株式会社アイナボホールディングス
所在地:東京都足立区鹿浜
事業内容:傘下子会社の経営管理、並びにそれに付帯する業務
資本金:8億9,635万円

 


⇒M&Aとは?企業買収の方法と必須となる基礎知識

⇒会社の買収とは | 企業買収の意味と仕組み