これまでのM&Aニュース(2018年09月)

2018年9月26日

日本紙パルプ商事〈8032〉、東南アジアの紙卸し・Spicers Paper (Singapore)及びSpicers Paper (Malaysia)を子会社化

日本紙パルプ商事株式会社は、東南アジアで紙・板紙を中心とした卸売事業をおこなうSpicers Paper (Singapore) Pte Ltd及びSpicers Paper (Malaysia) Sdn Bhdの全株式を取得し、両社を子会社化することを決議した。
同社グループは紙・板紙とその関連商品、古紙やパルプ等製紙原料を中心に、原材料、産業資材、生活関連商品を取り扱う商社で、22カ国、87か所の海外拠点を有している。
対象会社は、東南アジアにおいて紙・板紙を中心とした卸売事業を展開している。
本件により、取扱商品の拡充、顧客サービスの向上、営業基盤の強化を図る、としている。

取得価額:非開示
株式譲渡実行日:11月(予定)

〈対象会社の概要〉
会社名:Spicers Paper (Singapore) Pte Ltd
所在地:Gul Crescent, Singapore, 629519, Singapore
事業内容:紙・包装資材の卸売
資本金:1,228百万円

会社名:Spicers Paper (Malaysia) Sdn Bhd
所在地:LOT 36545 Jalan TS 6/5, Taman Perindustrian Subang, 47510 Subang Jaya, Selangor
事業内容:紙・包装資材の卸売
資本金:163百万円

連結純資産・連結売上高:非開示

〈当該会社の概要〉
会社名:日本紙パルプ商事株式会社
所在地:東京都中央区勝どき
事業内容:
・紙、パルプ、古紙の売買および輸出入
・包装材料の売買および輸出入
・燃料類の売買および輸出入
・化成品、工業薬品、紙加工用機械、事務用機器、建材の売買および輸出入
・前各号に関連する問屋業、仲立業、代理業、製造業および加工業
・不動産の売買、貸借、管理および仲介
・土木、建築、電気、管工事、鋼構造物、機械器具設置に関する設計、工事および監理ならびに請負業務
・倉庫業および自動車運送取扱事業
・発電および電気の供給・売買
・前各号に付帯関連する一切の業務
資本金:166億4,892万円(2018年3月31日時点)

 


⇒M&Aとは?企業買収の方法と必須となる基礎知識

⇒会社の買収とは | 企業買収の意味と仕組み