これまでのM&Aニュース(2018年10月)

2018年10月4日

夢真ホールディングス〈2362〉、機械設計やソフトウェア開発をおこなう三立機械設計を子会社化

株式会社夢真ホールディングスは産業機械の設計、製図に伴う技術者派遣やソフトウェアの開発をおこなっている三立機械設計株式会社の全株式を取得し、子会社化することを決議した。
同社は建設技術者の派遣を主力事業とし、エンジニアの派遣もおこなっており、グループ技術者の増強に取り組んでいる。
対象会社は、最新の2D・3DCAD を使っての高度な作図・設計を強みとし、建機および液晶分野のエンジニアが約40名在籍している。また日立グループなどの顧客を有している。
本件により、エンジニア派遣事業の「技術力」の補完が期待でき、また派遣先拡大が可能となる、としている。

取得価額:非開示
株式譲渡実行日:2018年10月4日

〈対象会社の概要〉
会社名:三立機械設計株式会社
所在地:東京都豊島区南大塚
事業内容:
・産業機械の設計、製図に伴う技術者派遣
・ソフトウェア等の請負開発
資本金:20 百万円
(2018年3月期)
純資産:90,892千円
売上高:367,765千円

〈当該会社の概要〉
会社名:株式会社 夢真ホールディングス
所在地:東京都千代田区丸の内
事業内容:建設技術者派遣事業、エンジニア派遣事業、その他
資本金:8億514万円
 


⇒M&Aとは?企業買収の方法と必須となる基礎知識

⇒会社の買収とは | 企業買収の意味と仕組み