お問い合わせ

これまでのM&Aニュース(2018年11月)

2018年11月13日

ヒビノ〈2469〉、映像機器の輸入会社・テクノハウスを子会社化

ヒビノ株式会社は、、業務用映像機器の輸入販売・施工をおこなう株式会社テクノハウスの全株式を取得し、完全子会社化することを決議した。
同社は音響機器販売・施工、映像製品の開発・製造・販売、コンサート・イベントの音響・映像サービスを主たる事業としている。
対象会社は務用映像機器等の輸入販売、システム設計・施工をおこなっており、主力は、コンサートやイベント現場での運用に適したBarco Folsomブランドの映像機器であり、ヒビノグループのコンサート・イベント事業においても主要機材ひとつである。
本件により商品、知識、ノウハウ、技術を共有し、システムソリューションの提案力を強化できる、としている。

取得価額:非開示
株式取得実行日:12月3日(予定)

〈対象会社の概要〉
会社名:株式会社テクノハウス
所在地:東京都中央区湊
事業内容:業務用映像・音響機器の販売、システム設計・施工・メンテナンス
資本金:10百万円
(2018年3月期)
純資産:194百万円
売上高:1,145百万円

〈当該会社の概要〉
会社名:ヒビノ株式会社
所在地:東京都港区港南
事業内容:
・業務用音響機器の販売、システム設計及び施工、メンテナンス
・LEDディスプレイ及び周辺機器の開発・製造・販売
・コンサート・イベント用音響システム・映像システムの企画立案、レンタル、オペレート並びにコンサート・イベントの録音、中継、トラックダウン、オーサリング
資本金:17億4,865万円(2018年3月31日時点)