これまでのM&Aニュース(2018年11月)

2018年11月20日

東京産業〈8070〉、重電機器・産業向けの輸出入貿易のキクデンインターナショナルを吸収合併

東京産業株式会社は株式会社KDIグローバルマネージメントの全株式を取得し子会社化することを決議した。株式取得後、平成31 年4 月1 日を効力発生日として、KDIグローバルマネージメント及びその100%子会社であるキクデンインターナショナル株式会社との間で、東京産業を吸収合併存続会社とし、KDI グローバルマネージメント及びキクデンインターナショナルを吸収合併消滅会社とする、吸収合併を実施することを予定している。
同社は各種機械・プラント・資材・工具・薬品などの国内販売ならびに貿易取引、不動産賃貸業などをおこなっている。
株式取得対象会社はグループ会社の資産管理業務を主とし、子会社であるキクデンインターナショナルは重電器向け電気部品等の仕入、販売をおこなっている。
本件により「エネルギー」「新規事業」「グローバル」の強化できる、としている。

取得価額:非開示
株式譲渡実行日:2019年1月17日(予定)

〈対象会社の概要〉
会社名:株式会社KDI グローバルマネージメント
所在地:神奈川県横浜市青葉区荏子田
事業内容:グループ会社の資産管理業務
資本金:10 百万円
(2017年12月期)
純資産:80 百万円

〈当該会社の概要〉
会社名:東京産業株式会社
所在地:東京都千代田区大手町
事業内容:各種機械・プラント・資材・工具・薬品などの国内販売ならびに貿易取引、不動産賃貸業
資本金:3,443,284,858円