これまでのM&Aニュース(2018年04月)

2018年4月19日

伊藤忠商事〈8001〉、ユニー・ファミリーマートホールディングスに対し公開買付け開始へ

伊藤忠商事株式会社は、完全子会社を通じてユニー・ファミリーマートホールディングス株式会社の普通株式を金融商品取引法における公開買付けにより取得することを決議した。
同社は、国内外ネットワークを通じて、繊維カンパニー、機械カンパニー、金属カンパニー、エネルギー・化学品カンパニー、食料カンパニー、住生活カンパニー、情報・金融カンパニーによってさまざまな商品やサービスを提供し、原料等の川上から小売等の川下までを包括的に事業領域としている。
中でも、食料カンパニーは、コンビニエンスストア「ファミリーマート」と協働することで、原料調達のスキーム設計から、商品開発、製造・加工、容器・包装資材の調達なども含め食料バリューチェーンをコーディネートしている。
近年、小売業界においては、総人口の減少による市場規模の縮小、Eコマースの市場規模拡大、消費者の低価格志向の継続、店舗・物流における人手不足などにより厳しい経営環境が続いており、対象会社はより高度に効率化された経営を推進していく必要に迫られている。
これにより、下記のような取り組みによりシナジー効果を発揮して行くものとしている。

・伊藤忠グループの総合力を活用した対象会社会社の事業基盤の強化
従前の原材料調達や製造・中間流通の合理化、サプライチェーンの最適化・効率化を推進し、とりわけ、電子マネー、クレジットなどを含む金融事業(フィンテック)の開発、海外事業強化の2点に関しては伊藤忠グループが機動的かつ柔軟に体制を確立していく。

・伊藤忠グループにおける事業展開の促進
対象会社において、新技術を活用し従来型サプライチェーンを次世代型に進化させることで、マーケティングの高度化、生産・在庫・配送の最適化・効率化、店舗運営の効率化などを実現し、その知見をグループの他のビジネスモデルへ応用していく。

買付代金:120,337,800,000円(予定)
買付け等後における所有株式数:63,387,696株(予定、所有割合:50.10%)
公開買付開始日:2018年8月頃(予定)

〈対象会社の概要〉
会社名:ユニーファミリーマートホールディングス株式会社
所在地:東京都豊島区東池袋
事業内容:総合小売事業、コンビニエンスストア事業等の持株会社
資本金:16,658百万円

〈当該会社の概要〉
会社名:伊藤忠商事株式会社
所在地:東京都港区北青山
事業内容:繊維、機械、金属、エネルギー、化学品、食料、住生活、情報、金融の各分野において、国内、輸出入および三国間取引を行うほか、国内外における事業投資など、幅広いビジネスを展開。
資本金:253,448百万円

 
⇒M&Aとは?成功する秘訣と手法のポイント
 
⇒買収とは?企業買収の手法と失敗事例
 
⇒M&AにおけるLOIの機能と法的拘束力