お問い合わせ

これまでのM&Aニュース(2019年02月)

2019年2月15日

内外トランスライン〈9384〉、韓国の物流倉庫運営会社・韓進海運新港物流センターを子会社化

内外トランスライン株式会社は韓国の「債務者株式会社韓進海運」が保有する韓進海運新港物流センター株式会社の株式60%を取得し子会社化することを決議した。
同社は2015年6月に韓国現地企業、銀山海運航空株式会社との合弁により内外銀山ロジスティクス株式会社を設立し、韓国昌原市釜山新港において物流倉庫の運営をおこなっている。
対象会社は韓国の「債務者株式会社韓進海運」の子会社であり、物流倉庫の運営をおこなっている。
本件により海外を中心とした倉庫ビジネスをさらに発展させ、グループの総合フレイトフォワーダーとしての地位の確立を図る、としている。

取得価額:38.6億ウォン(386百万円)
連結開始:3月31日(予定)

〈対象会社の概要〉
会社名:韓進海運新港物流センター株式会社
所在地:大韓民国慶尚南道昌原市鎮海区新港路
事業内容:物流倉庫の運営
資本金:35億ウォン(350百万円)
(2017年12月期)
純資産:4,767百万ウォン(477百万円)
売上高:2,382百万ウォン(238百万円)

〈当該会社の概要〉
会社名:内外トランスライン株式会社
所在地:大阪市中央区備後町
事業内容:
貨物利用運送事業(外航海運・国際航空・鉄道)
海空陸複合一貫輸送
陸上運送取次業
海運代理店業
通関業
損害保険代理店業
資本金:243,937,240円