これまでのM&Aニュース(2019年05月)

2019年5月7日

ヨシムラ・フード・ホールディングス〈2884〉、鮎養殖をおこなう岐阜の森養魚場を子会社化

株式会社ヨシムラ・フード・ホールディングスは、鮎養殖をおこなう岐阜の株式会社森養魚場の株式を取得し、子会社化することを決議した。
同社は、食品製造・販売会社の支援・活性化を目的とし、持株会社としてグループ全社の経営戦略の立案・実行および経営管理をおこない、各子会社に対して「中小企業支援プラットフォーム」を提供している。
対象会社は、岐阜県内3カ所に養魚場を構え、鮎養殖をおこなっている。稚魚の人工孵化⇒成育⇒出荷までの全てを自社でおこなう完全養殖や、雌アユのみを生産できる全雌アユ養殖技術を有している。
本件により森養魚場がもつ優れた鮎養殖技術と、「中小企業支援プラットフォーム」を相互に活用し合うことで両社のさらなる成長を図ることができる、としている。

取得価額:1,360百万円(アドバイザリー費用等含む)
株式譲渡実行日:6月3日(予定)

〈対象会社の概要〉
会社名:株式会社森養魚場
所在地:岐阜県大垣市墨俣町墨俣
事業内容:鮎養殖事業、水産加工品の製造・販売
資本金:30,000千円
(2018年12月期)
純資産:424百万円
売上高:778百万円

〈当該会社の概要〉
会社名:株式会社ヨシムラ・フード・ホールディングス
所在地:東京都千代田区内幸町
事業内容:中小企業支援プラットフォーム事業
資本金:503,434,000円