これまでのM&Aニュース(2019年05月)

2019年5月13日

栗田工業〈6370〉、米国のAvista Technologiesと英国のAvista Technologies (UK)を子会社化

栗田工業株式会社は水処理薬品の製造・販売をおこなうAvista Technologies, Inc.とAvista Technologies (UK) Ltd.の株式を子会社のKurita America Holdings Inc.およびKurita Europe GmbHを通じて取得し、子会社化することを決議した。
同社は水処理関連事業を展開しており、水処理薬品の製造・販売、水処理装置の製造・販売・メンテナンス、水質分析、環境分析、業務用水処理機器、家庭向け商品の製造・販売などをおこなっている。
対象会社である米国のAvista Technologiesは水処理装置の構成機器の一つであるRO 膜(逆浸透膜)に適用する水処理薬品「RO薬品」に特化し、多品種のRO薬品の製造・販売をおこなうほか、RO膜洗浄などのサービスを展開し、米国を中心に鉱山、化学、石油、海上油田、食品、飲料、自治体などの幅広い産業分野に顧客を有している。
また、Avista Technologies (UK) は、そのライセンス提供を受け、欧州・中東・アフリカにおいて同様の事業を展開している。
本件によりRO 薬品の商品ラインナップを拡充し、顧客に幅広い商品提案をおこなうことで、RO薬品の拡販を推進するともに、お互いが保有する技術・ノウハウを共有し、RO膜に関連するサービスの強化を図る。

取得価額:81.8百万USドル(約92億円)
アドバイザリー費用(概算):約2.3億円
株式譲渡実行日:5月15日(予定)

〈対象会社の概要〉
会社名:Avista Technologies, Inc.
所在地:San Marcos, CA 92069, United States
事業内容:水処理薬品「RO薬品」の製造・販売、RO膜洗浄

会社名:Avista Technologies (UK) Ltd.
所在地:Livingston, EH54 5GG, United Kingdom
事業内容:水処理薬品「RO薬品」の製造・販売、RO膜洗浄

〈当該会社の概要〉
会社名:栗田工業株式会社
所在地:東京都中野区中野
事業内容:水処理関連事業を展開しており、水処理薬品の製造・販売、水処理装置の製造・販売・メンテナンス、水質分析、環境分析、業務用水処理機器、家庭向け商品の製造・販売など
資本金:13,450,751,434円