お問い合わせ

これまでのM&Aニュース(2019年09月)

2019年9月27日

イオンモール〈8905〉、横浜ワールドポーターズを運営する横浜インポートマートを子会社化

イオンモール株式会社は横浜ワールドポーターズを運営する株式会社横浜インポートマートの株式の取得し、子会社化することを2019年6月20日に決議し、株式譲渡が実行された。
同社は大規模地域開発及びショッピングモール開発と運営をおこなっており、子会社の株式会社OPAが運営する都市型ショッピングセンターを含め、国内165店舗、海外28店舗のモールを展開している。
対象会社はOPAが、ワールドポーターズビブレを出店している横浜ワールドポーターズを所有運営している。横浜市等行政機関をはじめ、地元経済界、流通事業者等の共同出資により設立されたが、横浜市が、民間主体の経営へ移行することを目的として公募型指名競争入札をおこなった。
本件により、横浜ワールドポーターズ全体を一括で管理・運営し、施設全体のリニューアルによる集客向上およびオペレーションの効率化により収益拡大を図る、としている。

取得価額:7,003百万円
株式譲渡実行日:8月29日

〈対象会社の概要〉
会社名:株式会社横浜インポートマート
所在地:神奈川県横浜市中区新港
事業内容:横浜ワールドポーターズの管理及び運営
資本金:7,129百万円

〈当該会社の概要〉
会社名:イオンモール株式会社
所在地:千葉県千葉市美浜区
事業内容:大規模地域開発及びショッピングモール開発と運営、不動産売買・賃貸・仲介
資本金:42,346百万円(2019年8月31日時点)