お問い合わせ

これまでのM&Aニュース(2020年06月)

2020年6月26日

オリンパス<7733>、デジカメなどの映像事業を投資ファンドの日本産業パートナーズに譲渡

オリンパス日本産業パートナーズは、オリンパスの映像事業を日本産業パートナーズが管理・運営するファンドへ譲渡する意向確認書を締結したことを発表した。
3期連続で営業損失を計上している映像事業を分社化し、新会社の株式を日本産業パートナーズへ売却する。

オリンパスによると、日本産業パートナーズは、事業の選択と集中に取り組む企業が事業部門や子会社の外部への切り出し(カーブア
ウト)を行う際に投資を行い、その事業が持つ潜在成長力を引き出し自律的な成長を促進する『戦略的カーブアウト』の豊富な実績を有しており、新会社は日本産業パートナーズの支援を得ることにより、オリンパスがこれまで培ってきた革新的な技術とユニークな商品開発力を活用し、OM-D や、PEN、ZUIKOなどをはじめとしたブランドを継承する事業体として、お客様にとってより良い製品 / サービスを提供するとともに、事業に携わられている役職員の方々にとってもより働き甲斐のある会社とすることを通じて、事業の持続的な成長を実現するとのこと。

9月末までに最終契約を、年内に売却完了を目指す。

無料 資料ダウンロード M&Aのノウハウが凝縮!! マンガでわかるM&Aの落とし穴 10選 マンガでわかるM&Aの落とし穴 10選 よくわかるM&A これまでのM&Aニュース