事業承継の基礎知識 贈与税とは

贈与税とは、個人間の贈与により財産を取得した者に対して課せられる税金です。贈与税の課税方法は、「暦年課税」と「相続時精算課税制度」の2つがあり、一定の要件に該当する場合に、相続時精算課税制度を選択することができます。

(3) 贈与税の配偶者控除

 

◆配偶者から住宅(取得資金)の贈与を受けた場合の配偶者控除

婚姻期間20年以上の配偶者から、自宅等の贈与を受けた場合に、贈与税の課税価格から2,000万円を控除する制度です。贈与金額2,000万円までは贈与税ゼロとなる。

□概要

配偶者からの住宅(または住宅取得資金)の贈与について、課税価格から2,000万円(基礎控除110万円と合計すると、2,110万円)を控除できる制度である。

□適用要件等

【贈与税の配偶者控除の適用要件】
贈与税とは【贈与税の配偶者控除の適用要件】
※相続開始前3年以内の贈与財産について贈与時の価額で相続税の課税価格に加算する制度。

□特例の計算 -ケーススタディー-

例:夫が自宅の土地・建物の持分3分の1を妻に贈与した場合(同じ年に他の贈与なし)
贈与した金額から、配偶者控除の2,000万円を控除し、さらに基礎控除110万円を差引いた残額に贈与税の税率を適用した、贈与税を計算する。
【ケースの概要】
贈与税とは【ケースの概要】
① 贈与額:(6,000万円+1,200万円)×持分1/3=2,400万円
② 課税財産額:2,400万円-2,000万円(配偶者控除)-110万円(基礎控除)=290万円
③ 贈与税額:290万円×15%-10万円=33.5万円

□留意点

不動産を贈与する場合、不動産取得税、登録免許税等の移転コストが相続の場合よりも多くかかる。
それらを考慮したうえで贈与するかどうかを決めることが大切である。

 
bnr_1805dl
⇒平成30年度税制改正で納税猶予はどう変わる?
 
⇛事業承継とは | 事業承継税制から後継者教育まで
 
⇒M&Aとは?企業買収の方法と必須となる基礎知識
 
⇒会社の買収とは | 企業買収の意味と仕組み
 

後悔しないM&A 陥りやすいトラブル事例と、やっておくべき事前の対策

無料 資料ダウンロード M&Aのノウハウが凝縮!! マンガでわかるM&Aの落とし穴 10選

M&A/事業継承マニュアル M&A/事業承継 基礎知識