セミナー情報
山田コンサルティンググループ株式会社

このセミナーの申し込み方法

【2020年8月開催】Webセミナー 中国現地法人における不正とガバナンス ~不正の種類、不正事例、法的責任まで~

2020年8月28日(金)

終了

背景と狙い

近年、海外子会社における不正事例が増加している中、コロナウィルスの感染拡大により、一層海外子会社におけるリスクが高まりを見せています。駐在員が現地に不在であったり、内部監査が実施できなかったりなど、中国現地法人におけるガバナンスが不十分な企業が少なくありません。

本セミナーでは、中国に現地法人を持つ企業向けに不正対応を中心とした子会社管理について、不正の特徴・種類、不正事例、ガバナンス体制構築に向けたポイント、不正による法的責任など、現地の事情に精通した中国コンサルタントと中国弁護士がライブ配信で「中国現地法人における不正とガバナンス」についてお届けします。

 

◆◇◆オンライン開催◆◇◆
どこからでも参加OK/顔や氏名の公開なし/ライブアンケートでリアルな情報を共有/チャットで質問OK

プログラム

第一部

中国子会社の不正とガバナンス

平井 孝明
山田コンサルティンググループ株式会社
経営コンサルティング事業本部
シニア・マネージャー

中国現地法人(上海)の立ち上げに参画後、6年間にわたり上海に駐在。2018年より現職。
中国現地法人の実態把握・業績改善支援・内部統制、日系企業の中国進出・再編・撤退案件から、クロスボーダーM&A、マーケットやニーズ調査など幅広い業務に携わる。撤退、ガバナンス、不正対策、中国事業戦略などの講演多数。

第二部

中国子会社の不正事例

大井 高志
税理士法人山田&パートナーズ
亜瑪達商務諮詢(上海)有限公司
海外事業部シニア・マネージャー/総経理/税理士

2013年税理士法人山田&パートナーズ入所。大手金融機関への出向後、2016年より上海へ赴任。
中国系会計事務所への出向を経て2019年より現職。中国・香港・台湾における組織再編、進出・撤退支援、M&A関連業務、コーポレートガバナンス、不正調査対応等のコンサルティング業務に従事。

第三部

不正に伴う法的責任

彭 涛(Peng Tao)
北京盈科(上海)律師事務所
律師(中国弁護士)/シニア・パートナー

日本の大手弁護士事務所に長年にわたり従事し、主に日系企業をクライアントとして中国ビジネスに係る法的アドバイスを行う。
2014年、拠点を東京から上海に移し、多くの日系企業が進出している蘇州、無錫、杭州等においても活動。
北京盈科(上海)律師事務所は中国国内80箇所の拠点ネットワークを有し、各地域に進出する日系企業にリーガルサービスを提供している。

料金

無料でご参加いただけます。

対象となる方

中国に現地法人を有する日系企業の経営企画、海外事業担当者、現地法人責任者向け

  • ・お申込みは事前申込とさせて頂きます。定員を超えた場合には別途ご連絡する場合がございますのでご了承ください。
  • ・同業他社さまにはご参加をご遠慮頂いております。

参加方法

Zoomウェビナーを利用してオンライン開催いたします。

  • ・お申込後にこちらからお送りする「参加用リンク」をクリックするだけで、当日ご参加が可能です。
  • ・どの場所からでもご参加いただけます。視聴者の顔や名前は画面上に公開されません。
  • ・Zoomウェビナーを利用できない場合、別途、個別に面談をご案内させていただきますのでお問い合わせください。

弊社からのメールが届かない場合、お手数ですが、下記のお申込み用窓口までご連絡いただけますと幸いです。
メールアドレス:china-support@yamada-cg.co.jp

ご不明点があれば、お気軽にお問い合せください。

山田コンサルティンググループ セミナー事務局:china-support@yamada-cg.co.jp

おすすめセミナーのご案内

このセミナーに関する
サービスと事例のご案内

セミナー 中国現地法人における不正とガバナンス