M&A事業承継 用語集 M&Aの手続き・法令

M&Aの手続きや契約について、実務の中で使われる用語をまとめました。

買収 (ばいしゅう / acquisition)

M&Aにおける買収とは、一般的に、ある企業が他の企業を支配する目的で発行済株式を過半数買い取る意味で使われる。
通常、議決権を有する株式の過半数で、普通決議による決定事項(役員の選任など)を自由に決めることができるようになる。

買い取る対象は、会社の株式である場合(株式取得)に限らず、特定の事業や部門である場合(事業譲渡会社分割など)や、重要な資産である場合(不動産やライセンスなどの取得)でも買収といわれる。

なお、買収には、買収者と買収される会社の経営陣との合意に基づいた「友好的買収」と、買収のターゲットとなった会社の経営陣の意に沿わない買収者が、対象会社の株式を買い集める「敵対的買収」がある。

 
⇒買収ファイナンスの全体像

 
マンガでわかるM&Aの落とし穴10選
 
⇒『マンガでわかるM&Aの落とし穴10選』のPDF資料サンプルはこちら
 
⇒事業承継の知識 | M&A、相続・贈与、ホールディングス化のメリット・デメリット
 
⇒M&Aとは?企業買収の方法と必須となる基礎知識
 
⇒会社の買収とは | 企業買収の意味と仕組み
 

この用語の同カテゴリーの用語

無料 資料ダウンロード M&Aのノウハウが凝縮!! マンガでわかるM&Aの落とし穴 10選

M&A/事業継承マニュアル M&A/事業承継 基礎知識