お問い合わせ

用語集 相続・事業承継

自社株式の相続税評価額やオーナー個人の相続、不動産取引などについて基本的な用語をまとめました。

遺留分 (いりゅうぶん)

遺留分の制度とは、近親者の相続期待利益を保護し、また、被相続人死亡後の遺族の生活を保障するために、相続財産の一定部分を一定範囲の遺族のために留保させるものである。遺留分は、被相続人の生前贈与や遺贈によっても侵害されない権利であり、遺留分権者は、兄弟姉妹以外の相続人とされる。
遺留分の合計額は、直系尊属のみが相続人である場合は、被相続人の相続財産の1/3、それ以外の場合は被相続人の相続財産の1/2であり、これを相続分で案分すれば各人の遺留分となる。

◆関連ワード
⇒遺留分に関する民法特例
 
bnr_1805dl
⇒平成30年度税制改正で納税猶予はどう変わる?
 
⇒事業承継の知識 | M&A、相続・贈与、ホールディングス化のメリット・デメリット
 
⇒M&Aとは?企業買収の方法と必須となる基礎知識
 
⇒会社の買収とは | 企業買収の意味と仕組み
 

この用語の同カテゴリーの用語

無料 資料ダウンロード M&Aのノウハウが凝縮!! マンガでわかるM&Aの落とし穴 10選

M&A/事業継承マニュアル M&A/事業承継 基礎知識