お問い合わせ

用語集 会計・税務・ファイナンス

会計・税務における処理、資金調達の手法、各種ストラクチャーの特性についてまとめました。

パーチェス法 (ぱーちぇすほう / Purchase Method)

パーチェス法とは、いずれかの企業を買収する側として識別し、被買収側の資産負債を時価評価する会計処理のことをいう。
2008年の会計基準改正前までは、結合当時企業のすべての資産・負債を帳簿価額で引き継ぐ持分プーリング法という会計処理も存在した。しかし、国際会計基準と同調する必要から、持分プーリング法は廃止され、現在ではパーチェス法のみが規定されている。

この用語の同カテゴリーの用語

無料 資料ダウンロード M&Aのノウハウが凝縮!! マンガでわかるM&Aの落とし穴 10選

M&A/事業継承マニュアル M&A/事業承継 基礎知識