これまでのM&Aニュース(2018年11月)

2018年11月30日

サツドラホールディングス〈5975〉、教育関連企業であるシーラクンスを子会社化

サツドラホールディングス株式会社は教育関連企業である株式会社シーラクンスを子会社化することを決議した。
同社はドラッグストア事業、調剤事業、地域マーケティング事業、卸・商品開発事業、エネルギー事業などを展開している。
対象会社は北海道函館市のグローバル・エデュケーション・デザイン株式会社をサツドラホールディングスが買収後に設立予定の新子会社である。主に小中学生を対象としたプログラミングスクール事業をはじめ、日本語学校を中心とした語学事業、リカレント教育事業を展開していく予定である。
本件により、教育関連事業を経営に取り込み、人材の育成、地域社会の発展に寄与するとともに、同社グループの成長を支える人材の確保とリージョナル・プラットフォームの拡充を図っていく、としている。

株式取得日:2018年12月12日

〈対象会社の概要〉※子会社後の内容
会社名:株式会社シーラクンス
所在地:北海道札幌市北区
事業内容:学習塾の経営・語学学校の経営・教育に関するソフトウェアの開発、制作、販売・講演会、セミナーなどの企画・運営など
資本金:5百万円
(2018年3月期)
連結純資産:4,465百万円
連結売上高:13,229百万円

〈当該会社の概要〉
会社名:サツドラホールディングス株式会社
所在地:北海道札幌市北区
事業内容:
グループ全体の経営戦略策定
グループ事業会社の経営管理
グループ全体の資金管理・調達
グループ全体の広報
グループコンプライアンスの推進