お問い合わせ

人口減少地域における医療法人と社会福祉法人のグループ内組織再編

医療法人A会

事業内容
医療・介護
エリア
東北地方(地方都市)
売上規模
数億円

社会福祉法人B会

事業内容
介護・保育・障害者福祉
エリア
東北地方(地方都市)
売上規模
数億円

当社の関わり方

図を拡大

案件概要

本件は人口数万人程度の人口減少が進む地方都市で医療・介護を営む医療法人グループにおけるグループ内組織再編事例である。
人口構造の変化や医師をはじめとする医療従事者の維持・確保の見通しの厳しさから、医療サービスからビジネスモデルを転換する必要性があった。

同グループには社会福祉法人があり、順調な経営状況を維持していた。しかし、人材確保への対応や、医療対応の強化に向けた規模拡大、事業多角化が中期的な課題であった。
同グループはマネジメントレベルではグループとしての認識があるが、現場職員レベルでは希薄であり、グループとして運営することで得られるシナジー効果が逸失されている懸念があった。

医療法人が有する事業の大部分を社会福祉法人に譲渡し、法人規模の拡大を図るというケースはまだほとんど例がなく、本件が所在する都道府県でも初めてのケースであった。
福祉医療機構においては、医療法人事業を社会福祉法人に統合する目的での資金調達の検討は例がないということであった。
なお、社会福祉法人の経営高度化、大規模化は、社会福祉法人制度改革においてもその必要性が指摘されており、本件スキームは社会課題を解決するための政策手段の方向性とも合致している先駆的な事例である。

社会福祉法人は制度改革論議において、経営の安定性確保には規模拡大の必要性が指摘されており、本事例は制度改革の一つのモデルケースとなりえると考えられる。
本ケースは医療法人制度、社会福祉法人制度、行政手続き、組織再編手続き等幅広い知見を必要とする。
加えて、所轄庁の考え方や理解を得るための説明の手法などにも工夫を要した。さらには医療・介護事業における理解があって初めて統合の意義についても説明することができる。
一般的な株式会社の組織再編手法だけでなく、各種の法人制度や行政手続きや事業面等の幅広い知見・ノウハウがなければ実行までたどり着くことは難しいと考えられる。

背景・売手オーナー様の課題

M&Aの進め方、成約のポイント

成約のポイント

成果・効果

サービスの充実

職員負担の軽減